恋愛・結婚・人間関係の最近のブログ記事

_1330050991.44557_967.png■心の通わないセックスはしない

「セックスで美しくなる」と言われたのは、一昔前のことです。セックスは女性ホルモンの分泌を促し綺麗になれるといわれました。しかし、残念ながら、女性ホルモンはそんなに単純ではありません。


むしろ、無理にセックスをしなくとも良いと思います。睡眠時間を削ってまでしたら、かえってマイナス効果。愛情を一切感じない相手とするのも絶対に避けたいこと。


楽しい、幸せ、気持ちがいいと感じないセックスであれば、逆にストレスになってしまいます。その方がホルモンバランスを崩すことにもなりかねません。


頻繁にセックスをしていてもホルモンバランスの良い人もいれば、ご無沙汰の人でもホルモンバランスの良い人もいます。セックスの位置づけは人それぞれです。別に他人を比べる必要もありません。


日本人は、他人から見られた自分像を意識しがちです。自分が良ければ良いはずなのに、他人目線で色々と考え選択をしてしまいがち。自分にとり、良いセックスとは?ストレスのないセックスは?自分のモノサシで考えることが大切だと思います。

_1330052409.18157_159.png■暮らしの中に憩いの時間を持つ

今の家族は、昔にはない現代特有の悩みや問題を抱える場合も多く、すぐには解決できないこともあります。特に渦中でもがいている間は、物事のマイナス面ばかりに目が向いてしまうため、夫や子供に対して、不満やイライラが溜まってしまうこともあります。「早く状況を改善したい!」と、自分一人でも頑張ってしまう人もいます。


しかし、そんな時こそ大きく深呼吸をして、問題から少しだけ距離を置いて、その状況を客観的に眺めてみてください。ふと、問題を解決するヒントが見えることがあります。落ち着いて周りを見渡せば、支えてくれる人たちの優しさに気付くこともあるでしょう。また、貴重な情報が耳に入ってくることもあるかもしれません。


「そんなの気休めだ。」と思うかもしれませんが、心が弱っているときにこと、この"ひと呼吸"がとても大切です。気持ちを落ち着かせれば、少しだけ元気だって取り戻せます。感情的になればトラブルにしかないない出来事も、冷静に対応をすれば、家族関係を見直す機会にもすることができます。


色々と場面でゆとりが取れない時代だからこそ、心のゆとりだけは失わないようにしましょう。そんな心がけが家族の絆を強くし、関係を豊かにしてくれます。


_1330052409.18157_159.png■楽な人間関係をつくる5つのポイント


楽な人間関係をつくるための具体的な5つのポイントを紹介します。日常の中で実践してみてください。


1.自分のコンディションを整える

例えば、疲れていたり、寝不足だったりすれば余裕を持って他人を接するのは難しいものです。まず、健康上、自分のコンディションを常に整えるおくことを心がけます。


2.気分が良くなる環境づくり

風通しの良い場所に座り心地の良い椅子があれば、誰でも気分が良くなります。お気に入りの場所をいくか持っていれば、お付き合いが楽になります。


3.話の横取りをしない

話をしていてすごくむっとくるのが、話を取られることです。自分がされたくないことは、人にもしないことが付き合いが楽になるコツです。


4.否定は人ではなく事柄で

明らかに相手の間違いであっても、あなたは間違っていると本人を否定するのではなく、「それは違うと思う」と事柄で言うようにしましょう。


5.肯定は事柄でなく人に

また逆に、事柄を受け入れたい時は「あなたの案に賛成」とその人を対象にすれば、その後の付き合いが凄く楽になります。


これを実践すると自分の気分が楽になってきますよ!


_1330272862.90055_606.png■喜怒哀楽の感情を大切に!

楽な人間関係を作るとき、喜怒哀楽の感情の扱いが大切です。周りを考えずに怒鳴ったり号泣したりと、あまり感情的になるのは問題ですが、今の自分の感情を一切ださないのもまた問題です。


私たちが持つ喜怒哀楽の4つの感情が、人間関係を作り出す時のシグナルや接着剤として大事な役目を果たしてくれてます。


「喜び」はどんな場合でも、OKと相手を承認するサインになります。「怒り」は相手が不当に責めてきた場合に自分の立場を明確にしてくれます。「哀しみ」は愛にも通じ、お互いに哀しみを共有できれば良い関係に繋がります。「楽しい」は言うまでもなく、ハッピーな感情です。


感情が涌いてきたときに、無理に我慢せずに、受け入れた上で有効に活用してみましょう。そして、他人の喜怒哀楽も、その人が発する貴重なシグナルだと理解できます。これが分かれば、人間関係は楽になり、豊かさをましていきます。


喜怒哀楽を上手に表現すること。そして、相手の喜怒哀楽を受け入れることは、人間関係を楽にするコツです。


_1330053714.49827_780.png■苦手な人の対処法

トラブルまでは行かなくとも、誰にでも苦手な人がいます。はじめから気が合う人がいるように、どうしても「虫が好かない」という感じの気の合わない人もいるものです。

そんな時は、その人を無理に好きになろうとするよりも、苦手さを薄める工夫をすると良いでしょう。これは、苦手な食べ物のケースと同じです。

例えば、苦手なタマネギをひとつ出されたら、それを食べるのは辛いですが、細かく刻んでハンバーグにいれたり、シチューに入れたりすればOKです。

人付き合いも同様に、1対1はできるだけ避け、複数で会うようにするのも1つの対処法です。仲良しを誘えば、ハンバーグと一緒で楽々おいしく食べられるようになります。

タマネギの代わりに他の野菜を食べればいいと割り切って、会う頻度を減らすのもありです。タマネギにわざわざ「苦手なので食べません」と言わなくとも良いように、その相手と徐々に距離をおいていけば、間違いなくストレスは減るでしょう。




lady01_150.jpg■女性の髪型に興味がある男性は10%程度。男性は、女性と対面した際に、髪は殆ど見ていないようです。


「あれ?髪型を変えた?」


女性は、他者の変化に敏感なのもの。これは本能的な要因もあります。男性よりも子供の面倒を見てきたから、育児によっても必然的に子供の表情や態度に敏感になり、ちょっとした変化にも気が付くという感性を身に付けています。


一方、男性は女性に比べて他人の変化に対して鈍感な傾向があります。せっかく髪型を変えたのに、彼氏や夫がまったく気付いてくれないという経験をした女性も多いのではないでしょうか?


そもそも男性は、女性の髪形にはあまり関心がないようです。某企業が男女500人を対象に調査したところ、男性は女性の髪形をあまり見ていたいことが分かったといいます。


「異性と会った時に、髪、顔、体のどれが気になるか?」という質問に対して、女性は髪を見るという人が30~40%いたというのに対し、男性は髪を見る割合が10%程度と結果になりました。


髪型をかなり変えないと男性は気付いてくれなそうです。意中の人がいる女性は、髪型よりも男性が好きそうなファッションや香りなどを重視して、アピールした方が良いかもしれませんね♪




_1330050991.44557_967.png■女性がセックスをすると綺麗になるって本当なの?

少し前まで、日本の風潮として女性がセックスの話を口にするとことはタブーでした。しかし、最近は少し意識が変わってきたのかもしれません。女性雑誌などでも、あたり前のようにセックスに関する記事が書かれていたりもします。


そういう雑誌で目に留まるのが、「セックスで綺麗になった!」というフレーズです。美容は、女性にとって一番の関心事ですから、興味引くためにも使われているのでしょう?ここには科学的には本当なのでしょうか?


実際のところ、私のまわりにも、夫や彼氏などパートナーと頻繁にセックスをするようになってから、肌がつやつやになったとか、痩せてスリムになったという女性がいます。セックスに美容効果があるのは事実なようです。


理由は、エストロゲンという性ホルモンが分泌されるためです。エストロゲンには、肌の張りを高める働きがあります。また、セックスをしてスリムになるのは、カロリーを消費しただけでなく、PEA(フェニル・エチル・アミン)というホルモンが作用するからです。


PEAは、"恋の媚薬"とも呼ばれ、脳内で分泌されると気分が高揚し性欲が高まります。さらに、満腹中枢も刺激し、空腹を感じにくくなり、効果的に痩せることができるというのです。PEAは肥満治療薬としても使われています。


でも、エストロゲンとPEAをより多く分泌させるには、どうしたら良いか?


単にセックスの回数を増やしても駄目なようです。愛する相手とラブラブ感のあるセックスをすることが大切だといいます。愛を感じることのできないセックスをすれば、寧ろ逆効果だということですね。綺麗になる秘訣は、愛のこもったセックスを楽しむことです。




_1330054395.42615_436.png■人間関係のズレ


仲のよい二人、付き合いが長くなれば色々な出来事を経験します。今回は、お互いの気遣い不足から起きる人間関係のズレについてのお話。これは、異性間でも同姓間でも同じだと思います。


■人間関係のズレが生じる2つの要因とは何か?


1つは、自分の立ち位置を間違えてしまうことです。自分をよく見せようとしたり、本当の自分を偽り違う自分を見せると、人間関係にズレが生まれてきます。相手は、無意識レベルでそれが分かるのです。当然、関係はギクシャクして来ます。そして、些細なことで大喧嘩をしてしまうケースが多いのではないですか?


コンビを組んでいる二人や恋人などが急に喧嘩別れするのもここに原因があったりします。例を出すと、カリスマ教師と生徒がいるといます。生徒がその先生に気に入られようと、自分を良く見せ良い生徒を演じたりすると、この立ち居地がずれてくるわけです。生徒は、できなくて当たり前、「教えてください!」と謙虚な姿勢が必要なんでしょう。できる生徒である必要はありません。


また、カリスマ先生。人気が上がり有名になり、「俺は凄い先生だー!!」と思い上がると、これまた立ち位置にズレが生まれます。生徒からみれば、傲慢で嫌な先生にみえるでしょう。謙虚な姿勢で、生徒に教えることが必要なわけです。


もう1つ、それは事実をありのまま捉えることです。例えば、何か失敗をして相手に迷惑を掛けたとします。本当に申し訳ないという気持ちで反省をすれば、自然とそれが相手に伝わります。相手も許してくれるでしょう。


しかし、「ごめんなさい...」が表面的であったり、一時的なものであれば、これまたそのままが相手に伝わります。相手から見れば、「なんだ!奴は分かっていない!」ということになります。


自分の立っている位置を知り謙虚に生きること。自分のやったことは素直に認め反省をすること。そして、二度同じ失敗をしないように肝に命じること。これが人間関係にズレを起こさない秘訣だと思います。

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち恋愛・結婚・人間関係カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは健康です。

次のカテゴリは日記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。