黄ぐすみ対策 糖化を防ぎ5歳若く見られるようになった

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1330050991.44557_967.png

加齢の影響で肌が黄色くくすむことがあります。
黄ぐすみと言います。


"黄ぐすみ"はエイジングケアの注目のワードです。


黄ぐすみの正体は、
タンパク質が黄褐色に変色し真皮層に蓄積したものです。


肌内部のタンパク質が糖と結合し、
AGEsという黄褐色のタンパク質に変性してしまうためです。


これを糖化といいます。


ケーキを例に説明します。


ケーキを焼く時に茶色くなります。
これは卵などのタンパク質が糖と反応して起こります。
一種の糖化です。


糖は人間の生活には不可欠なもので、
甘いものを食べなくとも体内に常に存在します。


糖を摂り過ぎると糖化が進んだり、
老化が促進されたりすることは分かっていますが、
糖を減らせば老化を抑えられるというものではありません。


老化の原因は、
紫外線や活性酸素など様々で、
糖はその一部に過ぎません。


黄ぐすみ対策として、何をすれば良いのか?


甘いものを過剰に食べている人や、
過度の飲酒、ドカ食いをしていている人は、
肌の老化を進めているので改善するべきです。


私は普段の食生活で、
昔から糖の取り過ぎには注意していました。


40歳を過ぎて、
少し黄ぐすみが気になったので、
エイジングケア効果のある化粧品を使っています。


おススメは、アヤナス AS BBクリームです。


使うと、黄ぐすみをしっかりとカバーしてくれ、
実年齢よりも5歳若く見られるようになりました。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/336

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2013年4月18日 08:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いつまでも若い奥様でいる秘訣」です。

次のブログ記事は「大麦若葉の青汁の若返り効果は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。