お腹がグーッという時は若返りタイム

| コメント(0) | トラックバック(0)
bi04_220.jpg私は、最近、1日1食か2食にしています。
3食摂る日はありません。

朝食を抜くと健康に悪いといいますが、
そんなことはありません。

すこぶる快適です。

食べ過ぎこそ、老化の原因になります。

健康と若さを保つ秘訣は、
必要以上に食べないことです。

半日食べなければ、プチ断食となり、
若返り効果が高まります。

1日を1食にし、
朝食と昼食を抜くと、
夕方頃にお腹がグーッと鳴ります。

このお腹がグーッとなっている時こそが、
若返りが起こっている時だといいます。

ご存知でしたか?

小腸に食べ物が流れてこないと、
モチリンというホルモンが出て、
胃に指示を出します。

胃の中に食べ物があれば、
モチリンの作用でそれが送られてきます。

胃がからっぽであれば、
いくら指示を出しても、
グーッと鳴るだけで食事は流れてきません。

すると、
今度はグレリンというホルモンが出ます。

さらには、グレリンの働きで、
成長ホルモンが出て、
内蔵脂肪を燃焼させて栄養源とします。

この成長ホルモンには若返りの作用があります。

お腹がグーッとなって、
慌てて食べ物を摂る必要はありません。

グーッと鳴っている間に、
若返りホルモンが出たり、
若返り遺伝子が出たりしています。

若い自分をイメージして、
その状態を楽しめば良いようです♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/328

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2013年4月10日 18:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マッサージをしたらシワが増えた?」です。

次のブログ記事は「ゴボウは最強の若返り食材です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。