乳製品を摂る過ぎると、逆に腸内環境を悪化させる。

| コメント(0) | トラックバック(0)
bi11_220.jpg■乳製品を摂る過ぎると、逆に腸内環境を悪化させる。

乳製品は老若男女問わず、人気のある食品です。
牛乳やヨーグルト、チーズ、アイスクリーム、生クリームなどスイーツの材料としても多用されています。


人気食品ですが、乳製品の摂り過ぎには、ご注意を。
動物性脂肪、動物性たんぱく質の弊害があります。日本人の腸は、動物性脂肪や動物性たんぱく源を分解し、処理する能力が低いようです。


乳製品を摂り過ぎ、それらが長く腸内に留まると、悪玉菌のエサとなって腐敗が進んでしまいます。


チーズやヨーグルトなどに含まれる乳酸菌には、腸内環境を整える効果がありますが、その以外の乳製品はデメリットも大きいのです。


特に、生クリームなどのスイーツ系には砂糖もたっぷり入っていますので、「もっと食べたい」と依存性も出てきてしまいます。


乳製品の摂り過ぎで脂肪が蓄積されると、ホルモンバランスに影響を及ぼす可能性もでてきます。乳ガンや大腸ガンの原因となる恐れも...。


1日に牛乳200cc程度なら問題はありませんが、その
他にも乳製品を摂っているなら、摂り過ぎないように注意が必要です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/311

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年10月11日 07:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「朝が弱い人、冷え性の人は朝食に味噌汁を」です。

次のブログ記事は「若返りで一番重要なのは睡眠です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。