夜のゴールデンタイムにはしっかり寝ていること

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1330053714.49827_780.png■夜のゴールデンタイムにはしっかり寝ていること

ご飯を食べると、副交感神経が活発になります。
副交感神経は、消化液のようにな体の中の分泌を増やして、消化を助ける働きがあります。

また、眠気を催すのも副交感神経の働きによるものです。ご飯を食べると、とろ~んと眠くなりますよね。

だから、夕食を食べたら、食後の眠くなった時を逃さずに寝てしまいましょう。ご飯を食べた後、すぐに眠くなるのは自然の摂理です。

逆にこのタイミングを逃してしまうと、夜の10時過ぎになっても、なかなか寝れなくなってしまいます。それでは、睡眠のゴールデンタイム(夜中の2時ころ)を逃してしまいます。

ゴールデンタイムに熟睡していることは、若返りに凄く大切なこと。

また、ご飯を食べた後にすぐに寝ると太ると言われますが、ゴールデンタイムに寝ることで、成長ホルモンが分泌されて内臓脂肪が燃焼されます。

食べすぎで体重が増えることはありますが、食べてすぐに寝ることで体重は増えません。夕食をきちんと摂って、それからすぐに寝るという習慣を身についてください。

体に悪いのは、朝の時間がない時にあわてて朝食をとったり、よく噛まずに食べるというようなことです。こういう習慣こそが太るもととなるのです。

食事のタイミングを考えること、1日のライフスタイルのリズムをつくることは若返りには大切なことです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/199

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年9月 9日 09:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「40代になったら、乳液やクリームで油分を補給」です。

次のブログ記事は「肉食を止める」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。