キメの細かい肌になるには?

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1330272862.90055_606.png■キメの細かい肌になるには?

美肌は、肌表面にある網目模様が規則正しい状態となっています。手の甲を見てみてください。網目模様の凹凸があるのが分かると思います。

肌には細かい溝が走っていて、三角形や四角形の溝が浮き出ています。この溝を皮溝、三角形や四角形の模様部分を皮丘といいます。

この模様が規則正しく並び、三角形や四角形の1つ1つが小さい肌は、キメが整っている肌です。

模様がきれいに並ぶと、肌表面がツルツルに見え、透明感が増します。ファンデーションのノリが良くなる効果もあります。

よく耳にする言葉に、「キメが細かい肌は美しい」と言ったりします。キメが細かい肌というのは、皮溝が深くて細く、はっきりしている状態です。

逆に、肌の皮溝が浅く広くなる、不揃いになると、皮膚の交差点である毛穴が大きくなり、肌表面はザラッとし、キメの粗い肌となります。

キメは肌の奥からの肌再生リズムを反映しています。化粧品だけで整えることはできません。体の内側からのケアし、肌の代謝を上げることが大切です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/168

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年8月18日 07:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「骨粗鬆症の予防」です。

次のブログ記事は「表皮と真皮の働きについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。