朝シャワーではなく、夜ゆっくりとお湯に浸かって入浴すること

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1330272862.90055_606.png■朝シャワーではなく、夜ゆっくりとお湯に浸かって入浴すること

暑い日が続きますね~。昼間ちょっとでも動くと汗が出てきます。体臭が少し気になる方も多いでしょう。今回は、体臭と入力についてのお話です。

立ったり座ったり、歩いたりと毎日体を動かしていると、人間の体内には疲労物質である乳酸が溜まってきます。乳酸が増えてくると、汗の中にいやな臭いのもとになるアンモニア成分が増え、汗の臭いが強くなります。

なので、体臭を軽減するためには、体内の乳酸をできるだけ減らせば良いのです。乳酸を減らす一番良い方法が入浴です。時間をかけてゆっくりとお湯に浸かると血液の循環が良くなり、乳酸が減少します。しかも、夜の入浴は、乳酸が減った状態のまま朝を迎えることができます。

同じ入浴でも、朝急いで入ると体内にたまった乳酸を十分に減らすことができません。しかも、入浴後すぐに活動をすることになるので、体内の乳酸は増え、体臭は強くなっていきます。

体臭を少しでも減らすには、朝風呂やシャワーではなく、夜ゆっくりとお湯に浸かって入浴するように心がけましょう。それが疲労回復や体臭予防の基本です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/163

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年8月13日 08:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「肌をつくるもととなるのは毎日の食事」です。

次のブログ記事は「メタボリックシンドロームは心疾患リスクが30倍」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。