認知症の予防

| コメント(0) | トラックバック(0)
1337819742.9764_402.png■認知症の予防

認知症は、日常生活に支障をきたすほど記憶機能や認知機能が低下する病気です。発症は高齢者に多いのですが、最近は働き盛りの若い人にも発症するケースもあるようです。

認知症の予防には、発症の危険因子をできるだけ減らすことです。認知症の約8割は、アルツハイマー病と脳血管障害が原因です。

トランス脂肪酸や飽和脂肪酸を多く含むスーパーやコンビニで売られる惣菜や、弁当中心の生活は、アルツハイマー病を発生させる恐れがあります。

また、歯のない人ほど発症しやすいという研究結果もあるため、日頃の歯のケアは大切です。

また、カロリー制限で、アルツハイマー病の症状を減少することができます。食事は腹八分より気持ち少な目の腹7分がおすすめです。

テレビを見ている時は、脳は受け身の状態ですので、長時間テレビを見る習慣もアルツハイマーの発症のリスクを高めます。

認知症は、物忘れや身体障害にとどまらず、人格の崩壊に至るので、日頃からの予防を心がけましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/160

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年8月10日 08:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「現代人に多い貧血症を改善する」です。

次のブログ記事は「インフルエンザ感染症対策」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。