かけばかくほど痒みは増す

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1330054395.42615_436.png■かけばかくほど痒みは増す

昔から「痛みは我慢できても、痒みは我慢できない」と言われるほど、痒みに対する我慢は難しく、ついつい痒いところを我慢できずにかいてしまいます。


痒いところを思いっきりかいてしまうと、爪などで皮膚を傷つけてしまい、感染症を引き起こすリスクを高めてしまいます。


かくことで一時的に、痒みから逃れられた気がするのですが。かけばかくほど痒みが周囲に広がり、もともと痒かった部分より広い範囲を傷つけるという悪循環に陥ります。いくら痒くとも、皮膚はかかないのが一番です。


では、かゆい時にはどうしたら良いのでしょうか?


まず、痒みや炎症を抑える塗り薬をつけて様子をみます。それでも、痒みがおさまらない場合は、皮膚科を受診しましょう。皮膚を清潔に保つことも大切です。石鹸は低刺激のものを少量使うようにしましょう。


乾燥肌の痒みにも注意しよう。


また、肌の老化の多くは水分不足が原因です。冷暖房の効いた部屋は湿度が低く、乾燥肌を引き起こしやすい環境です。だから現代人には乾燥肌で悩む人が多いのでしょう。


年を重ねると皮膚の水分が失われるのは自然の流れですが、保湿を心がければ、あう程度進行をくい止めることができます。室内で過ごすことが多い人は、加湿器で部屋の湿度を60%くらいに調整しましょう。


お風呂上がりの保湿クリームも水分量の低下を防ぐことができます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/120

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年7月 4日 07:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「耳掃除をすると外耳道炎になる?」です。

次のブログ記事は「チェレンジ精神こそが若返りの源」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。