頬杖がつくと、シワやたるみの原因に

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1330052409.18157_159.png■頬杖をつくと、シワやたるみの原因となります。

日頃の何気ない癖や習慣が、老化を進める原因となってしまうことがあります。鏡をみる度に増えるシワやたるみ、ため息をついている女性に気をつけてほしい癖は「頬杖」です。


テレビを見ながら、読書をしながら、電話をしながら、気が付くと、ついつい頬杖をついていませんか?


頬杖は、手のひらで片側の頬を強く押しつけるため、頸椎や顎に大きな負担がかかります。顎蓋骨を歪めてしまう可能性があります。


たくさんの骨が複雑に組み合わさった頭蓋骨は、わずかな呼吸にさえ反応して動いてしまうこともあるのです。


頭蓋骨の歪みは、血液やリンパ液に加えて、脳脊髄液(のうせきずいえき)の循環を妨げます。脳精髄液は、脳の指令や栄養を体のすみずみに届ける大切な働きを担っています。頭蓋骨の歪で脳精髄液の循環が滞ることが、顔の歪やシワ、たるみの原因になります。また、頭痛、腰痛といった不快な症状を引き起こす要因にもなってきます。


また、頬杖のように意識せずに行っている動作は、左右片方だけに偏りがちです。よく見ると、頬杖をついている側の半分だけ、シワやたるみが増えて、厄介な状態になってしまうかもしれません。


対策としては、本を読んでいる時に、いつも頬杖をついてしまう手にタオルなどを持つと良いでしょう。顔に触れたときに、気が付きます。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/117

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年7月 1日 08:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「若返りにはバランスの良い食事をすることが大切」です。

次のブログ記事は「目薬の点眼後、目をぱちぱちしてはいけない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。