睡眠としわの関係

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1319551105_446.png■睡眠としわの関係

うつ伏せ寝は、介護現場では腹臥位療法として行われ、認知症の改善に効果があるとされています。

しかし、女性にうつ伏せ寝はあまりおすすめできません。うつ伏せで寝ると、顔を左右どちらかへ向けないといけないために、首をひねった状態となります。

すると、女性が加齢で悩むしわの原因になる可能性が高いのです。顔の左右どちらかの横方向に重力がかかると、眉間や頬にたるみができやすくなってしまいます。

また、枕から皮膚が圧力を受けて、目元のしわ、法令線、眉間のしわをつくった状態で寝ていることもあります。

睡眠としわとの関係は、うつ伏せ寝だけではありません。睡眠不足もしわの原因となりますので要注意です。人は寝ている間に成長ホルモンが分泌されて、肌の再生が行われます。

睡眠不足で成長ホルモンの分泌が阻害されると、新陳代謝の働きが鈍り、肌の再生力が弱くなります。すると、肌が乾燥しやすくなり、しわの原因となります。

肌の再生を促す成長ホルモンが活発に分泌される午前2時から午前4時頃は肌のゴールデンタイムとも呼ばれています。

美肌を保つためには、早寝早起きを心がけ、この時間帯は熟睡をする習慣を持つ必要があります。美肌のためには、睡眠が一番大切です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/145

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年7月27日 08:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夜中に水を飲むと感染症になる?」です。

次のブログ記事は「7時間睡眠が長生きの秘訣」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。