夜中に水を飲むと感染症になる?

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1320119058_37.png■夜中に水を飲むと感染症になる?

私たちは寝ている間に沢山の汗をかきます。だから夜寝る前と朝起きたときに水分補給が必要です。

しかし、寝起きに水を飲むときに気をつけた方がよいことがあります。感染症を引き起こしことがあるのです。

私たちの口の中は、唾液の殺菌力で雑菌の繁殖が抑えられるような仕組みになっています。これは唾液に含まれるリゾチームという酵素が、口から侵入する様々な菌などを退治する働きをしています。

ところが、就寝中は唾液の分泌量が減るため、口内の殺菌力も低下しています。つまり、口内に雑菌が繁殖しやすい状態となっています。

この時、安易に水を飲んでしまうと、雑菌まで一緒に体内へ入れてしまうことになります。感染症を引き起こす要因となる場合があります。

これを防ぐためには、寝る前に口内を清潔にする必要があります。そして、朝起きた時だけでなく、一端寝た後に水分をとる時は、口をゆすいだり、うがいをしてから水を飲むようにしましょう。

唾液の分泌量は、加齢とともに減少する傾向があります。体力が弱まった高齢者だと感染症のリスクも高くなります。できるだけ感染源を体内へ侵入させないように心がけましょう。

あまり神経質になる必要はありませんが、うがい1つで感染症のリスクが減らせるなら、習慣にするとよいですよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/144

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年7月26日 07:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「恋人と寝ると安眠できない?」です。

次のブログ記事は「睡眠としわの関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。