りんごを食べると肥満予防になる

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1330054395.42615_436.png■りんごを食べると肥満予防になる

りんごには肥満を防ぐといわれるポリフェノールが含まれています。このポリフェノールは、皮のすぐ下に多く含まれているので、皮を厚く向いてしまうと、肥満予防効果が薄くなってしまいます。


「1日1個のりんごで医者いらず」という言葉がありますが、リンゴポリフェノールの効果を実証するものです。ラットを使ったリンゴポリフェノールの効果実験をしたところ、リンゴポリフェノールを与えたラットは、明らかに中性脂肪が少なく、内蔵脂肪が付きませんでした。


また、同じ実験で、リンゴポリフェノールを与えたラットは活性酸素を分解する酵素の働きが活発になり、脂肪の酸化も防いでいることも分かりました。


酸化した脂肪の沈着は動脈硬化を進め、体に悪影響を与えます。リンゴポリフェノールの強い抗酸化作用は、肥満予防も含めて生活習慣病に絶大な効果を発揮します。


リンゴポリフェノールをあますことなく摂取するためにも、できるだけ薄く皮をむくか、皮ごと食べることがポイントです。


この場合、農薬が気になりますので、よく洗うか無農薬のものを食べると良いかもしれません。また、りんごやトマトのように熟成すると色が変わる野菜や果実は、より強い抗酸化作用が期待できる色の濃いものを選ぶと良いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/129

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年7月13日 07:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「作りおきの弁当は成人病の原因に」です。

次のブログ記事は「夜9時以降の食事はメタボの原因」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。