作りおきの弁当は成人病の原因に

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1330053714.49827_780.png■作りおきの弁当は成人病の原因に

独り暮らしをしていたり、仕事で忙しいと、コンビニやスーパーで買ったお弁当で昼食や夕食を済ませている人も少なくはないでしょう。手作りのお弁当にも共通していることですが、作ってから時間が経ったお弁当には、ガン、心疾患、脳卒中といった3大成人病の原因となってしまう危険性が潜んでいるので要注意です。


"活性酵素"という言葉を耳にしたことがあると思います。私たちの生活に必要鵜可決な酸素が少しだけ変化したものなのですが、これが現代増え続けている成人病の最大原因とも言われています。


体内に活性酸素が増えると、コレステロールや中性脂肪を酸化させるため、血管がもろくなり、詰まってしまって動脈硬化や脳梗塞を誘発することになります。


活性酵素の害から体を守るには、まずは酸化して食品をできるたけ食べないようにすることが必要です。作りおきした食品、中でも油は酸化しやすいので揚げ物には注意しましょう。


私たちの体には酸化力が強い食品を食べても中和したり、体外へ排泄する機能が働いています。しかし、毎日作りおき食品ばかり食べていては、体内に活性酸素がどんどん溜まる一方です。


健康の基本は食生活です。手間や時間よりも、体に良いものを基準に選びたいものです。インスタント食品やファーストフードも酸化度の高い食品なので控えるようにしましょう。また、抗酸化作用の高い野菜や果実を一緒に食べるなどの対策も良いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/128

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年7月12日 06:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「風邪を引いたからと無闇に薬を飲んではいけない。」です。

次のブログ記事は「りんごを食べると肥満予防になる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。