モノトーンの洋服は加齢を進める

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1330054395.42615_436.png■モノトーンの洋服は加齢を進める

年齢を重ねると、なぜか暗めで、渋めの色の洋服を選ぶ人がいます。若いときにお洒落に見えたモノトーンの服も、年齢を重ねた人には老けた印象を与えてしまうようなことも多いのではないでしょうか?


身に付けている服は、その人の心理状態に大きく影響するといわれています。明るい色の洋服は、気持ちを明るくしてくれます。それだけでなく、いつもと違う洋服を着ると、気分がウキウキして外出をしたくもなります。


外出すればいつもとは違う風景に触れたり、他人とのコミュニケーションも増えて脳を刺激します。そのことがエイジングケアにも繋がります。


特に他人とのコミュニケーションは、脳の活性化に効果的だといわれています。誰かに見て欲しい、喜ばせたいという気持ちが、自分自身も若々しく魅力的に変化できるはずです。


洋服を買うときは、家族やお店の人にアドバイスして貰うのも良いでしょう。似合わないと自分で決め込んでいた色も、試してみたら意外にぴったりという発見もあるかもしれません。


社会人になって久しぶりに同窓会へ出席すると、同じ年なのに変わらず若々しい人がいませんか?


そんな時、自分と何が違うのかを観察してみます。いつまでも若々しく見える人は、お洒落な服を実にうまく着こなしているように感じます。お洒落を楽しむ気持ちを持ち続けることが若さの秘密かもしれません。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/113

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年6月27日 07:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「暮らしの中に憩いの時間を持つ」です。

次のブログ記事は「どんな時もオシャレを意識して!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。