顔とイボの治療方法は?

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1330272862.90055_606.png■顔のイボの治療方法は?

年齢を重ねてくると、顔や首の皮膚にイボやトゲトゲが出ることがあります。黒いものもあれば、肌色のものもあります。


顔にできるものは、目のまわりであれば汗管腫や稗粒腫などが多く、それ以外の部位では脂漏性角化ぜいという名で呼ばれています。これは、胸やわきにも多数出て大きくなるとぶら下がるようになります。


これらには、炭酸ガスレーザーや高周波の電気など、焼き切る器械が有効です。液体窒素で焼く方法もありますが、痛み回数のことを考えたら、炭酸ガスレーザーがかなり効率が良い方法です。


ついでにイボ系の話。イボは液体窒素で焼くことを2~3日おきに繰り返すと、水膨れのようになって脱落します。魚の目とたこは、スピール膏で角質を軟化させて削っていくのが良いでしょう。出っ張っていうものには、液体窒素を併用します。なかなかとれない場合は、炭酸ガスレーザーで焼くと早くとれる場合があります。


汗管腫:
目のまわりの汗腺のような組織が増殖してブツブツになる

稗粒腫:
うぶ毛の皮膚からできた表皮嚢腫の小さなもの


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/105

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年6月19日 07:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「背中ニキビの予防と治し方」です。

次のブログ記事は「苦手な人の対処法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。