ボディのカサカサ部分には尿素配合クリームを使う

| コメント(0) | トラックバック(0)
bi01_220.jpg■ボディのカサカサ部分には尿素配合クリームを使う

肌にもともと存在するセラミドなどの保湿物質は、水に触れるだけでも流れ落ちて失われてしまいます。お風呂上がりにカサカサするのは、それが原因です。


ボディのカサカサを防ぐには、顔と同様、ボディに保湿ケアが必要です。ボディは部位によって皮脂の分泌量が違います。保湿ケアも部位ごとに変えるのがポイントです。


皮脂の多い背中や胸は、基本的に何もつけなくと良いです。かさつきを感じたときは、油分が少なめで保湿成分が入ったボディ用のローションなどを薄く伸ばしましょう。


手足は皮脂線が少ないので、油分を適度に含む保湿クリームを適量塗るようにします。肘や膝などは、尿素配合クリームを使うと良いでしょう。


ボディローションを選ぶときは、赤ちゃん用であれば肌に優しいと思っている人もいるでしょう。しかし、赤ちゃん用には殺菌成分などが多く含まれていることもあるので要注意です。


また、天然も植物成分を使ったものもありますが、肌の弱い人にはかえって刺激になる恐れもあります。肌に合うものが見つからないときは、アトピー用のスキンケア製品から選ぶと安心です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/98

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年6月12日 07:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「乾燥が気になる方は、パウダーファンデーションを選んだ方が安心」です。

次のブログ記事は「首のしわを解消するストレッチ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。