首のしわのとり方

| コメント(0) | トラックバック(0)

lady01_150.jpg■首のしわは保湿で防ぐことができない。

40歳を過ぎ、首にしわができ始めると、急に老けて見えます。顔のしわはコラーゲンの変成が原因ですが、首のしわの場合、もともとの骨格も大きく関わっています。首の皮膚の下には、頸椎(せいつい)という首の骨や軟骨、甲状腺があり、その凸凹に沿ってしわができます。凸凹が大きければ、しわもできやすいのです。


首のしわには、残念ながらクリームを塗っても効果がありません。ただし、レチノール配合の化粧品を使用すれば、ハリを出すことはできます。また、首のしわをとるには、ストレッチやマッサージも効果的です。余分な刺激を与えないように、やさしく行います。


首のストレッチ


・首のツボ「天窓(てんそう)」を刺激する。

顎を上げ、手のひらを顎の下にあて、親指で天窓のツボを1秒押します。そのまま少し下に滑らせます。左右の手で交互に30回行います。


・首のうしろから鎖骨をさする

耳の後ろから鎖骨に向かって、首の太い筋肉に沿ってなでおろします。左右交互に10回ずつ。


・頭を横に倒して10秒間キープ

頭を横に倒し、手と頭それぞれに力を入れて押し合います。10秒間これをキープします。3秒休んで10回繰り返します。手を換え逆方向も同様にストレッチします。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/82

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年5月27日 04:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クレンジングで肌を傷めていませんか?」です。

次のブログ記事は「肌荒れの原因はアルコールではない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。