黒ゴマでエイジングケア

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1320119058_37.png
■黒ゴマでエイジングケア

若返りの大敵といえばの活性酸素です。活性酸素の約60~70%は、肝臓で発生すると言われています。加齢やストレスで肝臓が弱わると、老化が進行してしまうということです。


その肝臓の働きをサポートする成分としてセチミンがあります。セチミンは独自の力で効率的に体内を抗酸素化します。そのセチミンを多く含む食材が黒ゴマなのです。


黒ゴマを定期的に摂取することで活性酸素を抑えることができ、肝臓機能の働きを回復することができます。肝臓機能が回復すれば、溜まっていた毒素や老廃物がスムーズに流れ、血液サラサラとなります。


そして、セチミンのもう1つの働きが、肝臓の脂肪酸代謝を上げ、脂肪酸の合成を抑える働きをします。これにより、血清脂質の中性脂肪やコレステロールを低下させます。


また、黒ゴマにはセチミン以外にも、抗酸化で知られるポリフェノールやエイジングケアに欠かせないビタミンEが含まれています。若返りには最適な食材なのです。


食べ方として、黒ゴマは加熱することで、抗酸化力が高まります。そして、すりゴマにすることで体内への吸収率がアップします。1食につき小さじ1杯を目安に摂り入れてみましょう。


おかずに黒ゴマを一振りするば、即、若返りメニューとなります。しかし、若返り効果が期待できるからと、ついついかけ過ぎないように注意しましょう。


黒ゴマは、基本的に油の仲間ということを忘れないようにしましょう。1食に小さじ一杯以内に抑えることが大切です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dp11257567.lolipop.jp/mt4/mt-tb.cgi/16

コメントする

応援のクリックヨロシク!色々な女磨くブログが見れます♪
↓こちらから(クリック)
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、himeが2012年3月 6日 19:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「若返りのための食材選び」です。

次のブログ記事は「玄米を食べて若返る!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。